矯正治療

矯正治療とは、出っ歯、受け口などの歯並びをきれいに整えるための治療です。症状によってもさまざまですが、3歳くらいのお子さまから、定年退職をしてから矯正をはじめる方もいらっしゃるほど幅広い年齢層の方に親しまれている歯科治療です。

矯正治療というと審美目的の治療をイメージする方が多いですが、精密なかみ合わせを実現できるので、消化器官の負担を軽減したり、認知症の予防、肩こりや頭痛など体の不調を改善することが期待できるといわれています。

矯正治療は主に次の2つの時期に分類されます。

小児矯正(1期治療)

小児矯正

あごや歯が成長期にあるお子さまの矯正治療です。あごを広げて歯がきれいに並ぶスペースを作ります。基本的に取り外しのできる矯正装置を使いますので、お子さまが装着時間のコントロールができるかを判断した上で、より適した矯正装置をご提案させていただきます。

小児矯正はこちら

成人矯正(2期治療)

成人矯正(2期治療)

生え揃った永久歯を整える治療です。小児矯正を終えた後に受診する方と、大人になってから治療をスタートされる方とどちらの場合でも適切な治療を行うことで、審美性と機能性を回復することができます。

成人矯正はこちら

旭ヶ丘矯正歯科の3つの特徴

特徴①矯正専門の歯科医師による治療

特徴①矯正専門の歯科医師による治療

当院では矯正専門の歯科医師が、知識や経験を活かして治療を行いますが、計画通りに歯が整わないということもあります。このような場合は、他の矯正方法を組み合わせて、患者さまの理想の歯並びを実現しますのでご安心ください。

特徴②丁寧な説明

特徴②丁寧な説明

矯正治療は、長い治療期間が必要となるため、患者さまとの信頼関係を築くことが大切です。当院では、患者さまの不安や疑問を解消し、納得のいく治療を受けていただけるように丁寧な説明を心がけています。

特徴③アットホームで通院しやすい歯科医院

特徴③アットホームで通院しやすい歯科医院

矯正治療は患者さまの協力が必要不可欠です。その1つが、最後まで通院を続けていただくことです。当院では、楽しく通っていただけるように、コミュニケーションや笑顔を大切にアットホームな院内づくりに取り組んでいます。

特徴④矯正治療中のむし歯治療プログラム(口腔衛生管理)

特徴④矯正治療中のむし歯治療プログラム(口腔衛生管理)

矯正治療中、治療後もむし歯にならないためのプログラムです。唾液検査を行い、おひとりおひとりに適したケアの方法をご提案します。唾液検査の説明、矯正治療に適した歯ブラシ選びとブラッシング指導、フッ素の塗布などを行い、歯質を強化します。 きれいな歯並びと同時にむし歯にならない口腔環境を目指しましょう。

【矯正治療】
相談が多い主な症状

すきっ歯

すきっ歯

空隙歯列(くうげきしれつ)またはスペーシングと呼ばれることもあるすきっ歯は、前歯と前歯の間にすき間がある症状を言います。

受け口

受け口

受け口は、前歯の下の歯が上の歯を覆っている状態です。正式名称は、下顎前突(かがくぜんとつしょう)です。

出っ歯

出っ歯

出っ歯とは、前歯の上の歯が下の歯よりも前に出ている状態で、正式には上顎前突(じょうがくぜんとつ)と言います。

凸凹の歯並びや八重歯

凸凹の歯並びや八重歯

きれいに歯が並ぶためのあごのスペースが足りないと歯列が乱れたり、八重歯ができます。このような症状を叢生(そうせい)と言います。

前歯が閉じない

前歯が閉じない

上下の歯をかみ合わせても、前歯が閉じず隙間がある症状を開咬(かいこう)と言います。

かみ合わせが深すぎる

かみ合わせが深すぎる

かみ合わせが深すぎるので、上の歯が覆ってしまうので下の前歯が見えません。このような症状を過蓋咬合(かがいこうごう)と言います。

矯正治療の
メリットとデメリット

満足のいく結果を得るためにもメリットとデメリットをしっかりと把握することが重要です。矯正治療を受ける前に確認しましょう。

メリット

デメリット

矯正治療の期間

矯正の治療期間は、歯並びの状態や矯正治療方法によって異なります。

お子さまの場合

小学校6年生から中学1年生くらいまでのお子さまには、1期治療(小児矯正)を受けていただきます。その後、症状によっては2期治療(成人矯正)が必要です。治療を開始する時期により、治療期間は異なります。

大人の場合

治療期間は、1年半から2年くらいが一般的です。治療後を終えた後も、歯の戻りを防ぐため2年間ほどはリテーナーと呼ばれる装置を装着し、保定期間を過ごしていただきます。

矯正治療の流れ

  • 1ご予約

    当院では、無料カウンセリングを実施しております。
    より良い治療法やセカンドオピニオンなどお気軽にご相談ください。

    お電話の方:011-521-8211におかけください。
    【受付時間】
    月曜・火曜・木曜・金曜 10:00~19:00 | 
    土曜 10:00~18:00

    ご予約日が確定しましたら郵送で矯正治療の概要をまとめた資料と問診票をお送りします。
    ご来院当日までに問診票にご記入の上、お持ちください。

  • 2受付

    ご来院当日は問診票をご提出ください。お持ちの方は紹介状もご提出ください。

  • 3カウンセリング

    歯並びに関する悩みをご相談ください。プライバシーを重視した完全個室の相談室です。
    院長が丁寧にカウンセリングを行いますので、疑問や不安がありましたら遠慮なくお申し付けください。

  • 4精密検査

    視診では確認できない口腔内の状態を確認するために精密検査を行います。

    【検査例】

    • お顔や口腔内の写真撮影
    • レントゲン撮影
    • iTeroによる口腔内のスキャニング
    • カリエスアクティビティテスト(唾液の性質でむし歯になりやすいかを確認する検査)
  • 5治療計画の立案

    視診と検査の結果をもとに、口腔内の状態をご説明します。
    また、カウンセリングの情報をもとに患者さまにより良い治療計画をご提案させていただきます。
    ご質問がございましたらお気軽にお声がけください。

  • 6ブラッシングのお話

    カリエスアクティビティテストの結果のもとむし歯を一本もつくらないことを目標にします。
    歯ブラシ、フロスや歯間ブラシを使ったケアなど正しいブラッシング方法をお伝えします。

  • 7治療開始

    各治療方法に合わせて矯正装置を装着します。矯正装置によっては数回に分けて装着する場合もあります。詳しくは歯科医師までご確認ください。

  • 8通院

    症状や矯正治療方法によって頻度は異なります。定期的に通院をお願いしています。

    【目安】

    • アライナー(マウスピース)を使った矯正治療:1~2ヵ月に1回
    • ブラケット矯正:1ヵ月に1回
  • 9保定

    歯並びはきれいに整っても、元の位置に戻る習性があります。
    矯正治療終了後もあと戻りを防ぐためにリテーナーと呼ばれる保定装置を使用することが重要です。
    当院では2年間以上リテーナーを装着することを推奨しています。

矯正治療の費用

小児矯正

1期治療

マウスピース型矯正
「インビザラインファースト」
528,000円
拡大床 363,000円
機能的顎矯正装置 363,000円

2期治療(1期治療から移行)

マウスピース型矯正
「インビザライン」
495,000円
ブラケット矯正 330,000円~
374,000円
※ブラケットの種類で金額が変わります。

調整料

1期治療 3,850円/回
2期治療 5,940円/回

成人矯正

マウスピース型矯正
「インビザライン」
913,000円
ブラケット矯正 639,000円~
737,000円
※ブラケットの種類で金額が変わります。
調整料 5,940円/回

その他の費用

診断料 12,100円
検査料 44,000円
口腔衛生管理料 8,800円
保定装置 55,000円

※上記はすべて税込価格です。
※矯正治療は健康保険の適用になりません。

医療費控除

矯正治療の費用は、医療費控除の対象となります。医療費控除とは、配偶者や親族の医療費の合計が10万円以上の場合、申告をすると税金の一部が戻る制度です。確定申告のために領収書は大切に保管してください。

口腔衛生管理の
メリットとデメリット

メリット

デメリット

お支払い方法

当院では、現金の他に各種クレジットカードやデンタルローンをご用意しております。

クレジットカード

デジタルローン

オリコのデンタルローンは、WEBから簡単なお申込手続きでご利用いただけます。

お支払い回数 6回~60回
(ボーナス併用可)

お支払い例

※料金は概算です。診査・診断により変わる場合もございます。

マウスピース型矯正「インビザライン」
総額900,000円の場合
頭金 0円
お支払い回数 60回(5年)
月々 17,300円
ブラケット矯正
総額680,000円の場合
頭金 0円
お支払い回数 60回(5年)
月々 13,100円
お子さまのマウスピース型矯正
総額540,000円の場合
頭金 0円
お支払い回数 60回(5年)
月々 10,400円
お子さまのブラケット矯正
総額380,000円の場合
頭金 0円
お支払い回数 60回(5年)
月々 7,300円