小児矯正

成長期のお子さまに行う矯正治療は親御さまからの最高の贈り物と言っても過言ではありません。

成長に合わせて矯正治療ができるので 将来、歯を抜かずに歯ならびを整えられる可能性を高くすることができます。早期に歯ならびを整えることで歯みがきがしやすくなりむし歯を予防することにもつながります。かみ合わせがよくなることで「しっかり物が噛める」「口呼吸から鼻呼吸へ改善」「滑舌を良くする」などの利点もあります。

このように見た目の改善だけでなく全身の健康維持にも役立つ小児矯正はお子さまにとって生涯かけがえのない宝物になるでしょう。

小児矯正をはじめる
ベストなタイミング

小児矯正をはじめるベストなタイミング

小児矯正をはじめるベストなタイミングは症状により異なります。一般的に早く治療を開始するほうが良いことが多いですが、待ったほうが良い場合もあります。

理想は歯ならびが気になったタイミングでカウンセリングを受け、矯正治療専門の歯科医師にベストな治療タイミングを相談するのが良いでしょう。反対咬合(受け口)の場合は3歳半くらいから可能です。

取り扱う小児矯正の
装置の種類

マウスピース型矯正装置
「インビザライン・ファースト」

マウスピース型矯正「インビザライン・ファースト」

乳歯と永久歯が生えかわる混合歯列期のお子さまに適したマウスピース型矯正装置です。従来の小児矯正(一期治療)では長期の治療期間が必要でしたが、インビザライン・ファーストでは取り外し式の装置を用いより短い期間で治療が可能になりました。

食事と歯みがきのとき以外は装置装着が必須なので、ある程度自分の意志で矯正治療ができる年齢のお子さまにおすすめしています。

機能的顎矯正装置
マルチファミリー・ムーシールド

マルチファミリー
咬合誘導装置 マルチファミリー・ムーシールド

成長期のお子さまのあごの成長をコントロールしてきれいに歯が並ぶようにするマウスピース型の矯正装置です。

マルチファミリーのメリットは、睡眠時に装着するだけで矯正治療ができることです。お子さまには負担の少ない治療方法です。

ムーシールド

就寝中にマウスピース型の矯正装置を装着するだけなので、負担が少ないのが特徴です。筋機能を正常化させ、かみ合わせを整えます。

反対咬合(受け口)は自然に改善する可能性は高くありません。年齢が上がるほど治療が大変になるため、早めに治療を開始することをおすすめしています。

拡大床

叢生(ガタガタ)を改善する装置です。

主に就寝時に使用してもらい歯はならびの幅を拡げ叢生を改善します。


費用はこちら

小児矯正の
メリットとデメリット

矯正装置を装着することは小さなお子さまに負担を感じさせてしまう場合があります。
下記にあげるデメリットを踏まえ年齢や性別などを考慮してできる限り負担の少ない治療を心がけています。

メリット

デメリット

小児矯正の治療の流れ

  • 1ご予約

    無料カウンセリング(相談)を行っています。
    より良い治療やセカンドオピニオンなどお気軽にご相談ください。

    【受付時間】
    月・火・木・金:10:00~19:00
    土:10:00~18:00
    お電話はゆっくりお話ができる電話対応日がおすすめです。

    矯正相談のご予約は011-521-8211までお電話ください。(詳しくはこちら

    ご予約日が決まりましたら郵送で矯正治療の概要をまとめた資料と問診票をお送りします。ご来院日までに問診票にご記入の上、お持ちください。

  • 2受付

    ご来院当日は問診票をご提出ください。お持ちの方は紹介状もご提出ください。

  • 3カウンセリング(矯正相談)

    歯ならびに関するお悩みをご相談ください。院長が丁寧にご説明いたします。
    不安や疑問がありましたらご遠慮なくお申しつけください。相談室でゆっくりお話ください。

  • 4精密検査

    視診では確認できない口腔内の状態を確認するために精密検査を行います。

    【検査例】

    • お顔や口腔内の写真撮影・レントゲン撮影
    • iTeroによる口腔内のスキャニング
    • カリエスアクティビティテスト(唾液の性質でむし歯になりやすいかを確認する検査)
  • 5治療計画の立案(診断)

    視診と検査の結果をもとに口腔内の状態をご説明いたします。
    カウンセリングの情報をもとに患者さまにより良い治療計画をご提案させていただきます。

  • 6ブラッシングのお話(口腔衛生管理)

    カリエスアクティビティテストの結果をもとに歯ブラシ、フロスや歯間ブラシを使った口腔内のケアなどブラッシング方法をお伝えします。むし歯を一本もつくらないことを目標にします!

  • 7装置セットまでの準備

    型取り(Scan)やブラッシング指導(TBI)。

  • 8治療開始

    装置装着!矯正治療がスタートです。矯正装置の種類によっては数回に分けて装着する場合もあります。

  • 9通院

    症状や治療方法によって頻度は異なります。定期的に通院をお願いしています。通院中、気になることやわからないことがありましたらいつでもご相談ください。

  • 10保定

    矯正治療を終えた後、あと戻りを防ぐ期間が必要になります。リテーナーと呼ばれる保定装置を使用することが重要です。
    当院では2年以上リテーナーを装着することを推奨しています。

口腔衛生管理システム

きれいな歯ならびと同時にむし歯になりにくい健康な口腔環境を目指します。
検査の時に行うカリエスアクティビティテスト(唾液の性質でむし歯になりやすいかを確認するテスト)の結果をもとに口腔内の管理の仕方や歯ブラシグッズの紹介などわかりやすくご説明いたします。

TBI

TBIとは歯みがき指導のことです。
正しいみがき方を身につけてご自宅でのセルフケアの技術を充実させつつ、矯正治療中の口腔内のケアを一緒に考えて実行することを大切にしています。
TBIはその目的とブラッシングの重要性を伝えることから始まります。

PMTC

歯科医院で専用の機器を使って歯をクリーニングすることです。
歯科医師や歯科衛生士がセルフケアでは磨ききれないところを中心に専用機器とフッ素入り研磨剤を使用して歯石やプラーク・着色を除去します。

MFT

お口の周りの筋肉のバランスを整え、舌や唇の正しい位置への改善を目的としています。スムーズに矯正治療を行い、後戻りを防ぐために積極的にMFTを取り入れています。

小児矯正の費用

早期治療 84,700円
一期治療 マウスピース型矯正装置
【インビザライン・ファースト】
528,000円
機能性顎矯正装置 363,000円
拡大床 363,000円
二期治療(一期治療から移行) マウスピース型矯正装置
【インビザライン】
495,000円
マルチブラケット装置 330,000円~374,000円
(ブラケットの種類で金額が変わります。)
調節料 一期治療 3,850円/回
二期治療 5,940円/回
口腔衛生管理料 3,850円(随時)
その他の費用 検査料 44,000円
診断料 12,100円
口腔衛生診断料 8,800円
一期治療からの移行 マルチ前検査(二期治療) 29,700円
診断料 3,850円
口腔衛生診断料 8,800円
保定装置料 55,000円
ホームホワイトニング ホワイトニングジェル(2週間分) 5,500円
マウスピース製作費用 5,500円

※上記はすべて税込価格です。
※矯正治療は健康保険の適用になりません。

医療費控除

矯正装置の費用は医療費控除の対象になります。
医療費控除とは配偶者や親族の医療費の合計が10万円以上の場合、確定申告をすると税金の一部が戻る制度です。
申告のために領収書は大切に保管してください。

お支払い方法

当院では、現金の他に各種クレジットカードやデンタルローンをご用意しております。

クレジットカード

デジタルローン

オリコのデンタルローンは、WEBから簡単なお申込手続きでご利用いただけます。

お支払い例

マウスピース型矯正装置【インビザライン】 913,000円
マルチブラケット装置 693,000円
マウスピース型矯正装置【インビザライン・ファースト】 528,000円
拡大床 363,000円
マウスピース型矯正装置【インビザライン】

総額913,000円の場合

頭金 0円
お支払い回数 60回(5年)
月々 17,600円
マルチブラケット装置

総額693,000円の場合

頭金 0円
お支払い回数 60回(5年)
月々 13,300円
マウスピース型矯正装置【インビザライン・ファースト】

総額528,000円の場合

頭金 0円
お支払い回数 60回(5年)
月々 11,000円
機能的顎矯正装置・拡大床

総額363,000円の場合

頭金 0円
お支払い回数 60回(5年)
月々 7,000円