ブログ
2015年6月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2015年5月
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2015年4月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年3月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2015年2月
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

2015年1月
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

backnumber
→ 最新記事
→ 2016年9〜12月
→ 2016年5〜8月
→ 2015年7〜12月
→ 2015年1〜6月
→ 2014年7〜12月
→ 2014年1〜6月
→ 2013年7〜12月
→ 2013年1〜6月
→ 2012年7〜12月
→ 2012年1〜6月
→ 2011年
→ 2010年
2015/6/23
歯を削る道具って?

竹山先生

こんにちは。


歯科医師の竹山尚子です。


寒暖差の大きい季節も終わり、暑い日々が近づいてきました!


みなさん、体調の管理にはくれぐれもお気をつけ下さいね。


今回は、歯医者さんには必ずある、虫歯を治す機械をご紹介します。


ほとんどの場合虫歯になってしまったら歯を削って歯科用の金属やプラスチックをつめることになります。


今回はそんな時、歯を削るときに使う機械についてお話ししましょう!


旭ヶ丘矯正歯科は矯正治療専門のクリニックですので、虫歯の治療は行っておりません<(_ _)>


虫歯の治療のご経験のある方はご存知ですね。


キューイーンという音のでる機械、お口の中でガタガタ音がひびく機械、これらは歯医者さんの治療にとっては欠かせないものなのですが、患者様からは最も嫌われ者の器具かとおもいます!



1

右の方がキュイーンと音の出るタービンという機械左の方がガタガタとひびくエンジンという機械です。


タービンは圧縮された空気の力でプロペラがまわります。


ですので空気も一緒に出てきます。


あまりにも高速だから冷やさないと熱がこもって焦げちゃうんです。


ですので水も必要なんです。


あの水でおぼれるーなんて思ったことある人いませんか〜?


お水は同時にバキュームという機械で吸い取りながら治療を行うので大丈夫です(^O^)


もう一つのエンジンは先端のモータで先がくるくる回るんです。


これは速度調節可能でゆっくり回すこともできます。


虫歯になって軟らかくなった歯質だけをを安全に削ったり、歯を磨くのにも最適なんです。


さて次の写真は何がちがうでしょうか?



2


3

せいかーい!


先端についている器具が違います。


使用目的によって、変えられるんですね。



4

歯科用ユニット(患者様がおすわりになる椅子)の右側のひもの先につけて使います。


みなさん最近歯医者に定期的に行かれてますか?


虫歯になってからではなく症状がなくても大丈夫かどうかチェックをしてもらいに行かれることをおすすめします。


その際、今回ご紹介した器具を確認してみてください。


虫歯の治療にもクリーニングにもどちらかを使いますよ!


最近の機械はどんどんよくなって、一昔前より大きさもそしてあの音も小さくなっているようです。

↑TOP


2015/6/14
マルチブラケット装置ってどんなの?

院長

院長の山崎です。


今日は矯正治療をするときもっともよく目にする装置「マルチブラケット装置」についてお伝えします。


マルチブラケット装置は、ブラケットという小さな装置を動かしたい歯の表面に装着し、それぞれのブラケットをワイヤーで連結して、3次元的に歯の移動を行い歯並びを整える方法です。


ほとんどのケースに対応できますので、多くの矯正歯科医院でメインの装置として採用されています。


1900年代初頭にこの装置コンセプトは開発された歴史のある装置です。


30〜40年くらい前まではブラケットを取りつけた金属製のバンドをすべての歯にかける全帯環装置を使用していました。


見た目もよくなく痛みも強かったそうです


私も実際に見たことはございません(・・;)


現在では、歯科用接着技術が発達し、歯の表面に直接ブラケットを接着するダイレクトボンディング法が主流となり歯の移動のコントロールが格段にしやすくなり患者様の違和感も少なくなりました。


現在ではさらに装置の改善が進んで、ブラケットは小型化し、目立たない白や透明のブラケット(審美ブラケット)や、摩擦の少ないブラケット(セルフライゲーションブラケット)なども登場しています。



ブラケット2

歯を連結するワイヤも白いタイプを使うとほんとに目立たなくなります(^_^)v



ブラケット3

メタル(金属製)のブラケットは審美ブラケットに比較して丈夫にできています。


歯ブラシもしやすい特徴がありますので「見た目はあまり気にしないので早く治したいっ!」という方にはおすすめです。



ブラケット4

ご希望があればよく目につく上顎は白く、あまり目立たない下顎はメタルでといいう形も可能です。



ブラケット5

それぞれの特徴をご理解頂いて選択されることをおすすめ致します(^o^)

↑TOP


2015/5/31
より安全で確実な治療を可能にする歯科CT

院長

院長の山崎です。


いつも私が書くのは桜や旅行の話題が多いので今回は少々お固いお話におつき合いください。


当院に導入されている歯科CTについてご説明いたします。



歯科CT1

最近よく聞くCTという言葉ですが歯科CTとはお口の中を3次元の画像で映し出すレントゲンのことなのです。


CTは顎の骨の状態が今までの2次元のレントゲンにくらべより正確にわかるので最適な治療計画の立案に役立ちます。


最高0.068ミリまで細かく分析できます。


ですからより安全に治療を行うことができるんです(^O^)



歯科CT2
(画像はサンプルです)

骨の中に埋まった過剰歯(本来の歯数以上に存在する歯)の発見や歯の移動の限界も予測できるので矯正治療には大変役立ちます(???)


撮影はとってもスピーディーです。


当院のCTは椅子に座って15秒で撮影できちゃうからお子さんにもとっても安心です。


旭ヶ丘矯正歯科ではこれからも歯科CTなどの最新機器を導入し、矯正治療を受けていただく皆さまに正確でわかりやすい情報をお伝えします。

↑TOP


2015/5/26
虫歯予防の強い味方 現る〜

山口さん

こんにちは歯科衛生士の山口です


今日は新しく導入した最新機器についてご紹介したいと思います!!


この度旭ヶ丘矯正歯科にこちらの「エアフロー」が仲間入りしました。



エアフロー1

この機器のなにがすごいかと言いますと、細かいパウダーと水と空気を



エアフロー2

この先端から出して歯の表面の歯ブラシでは取れなくなったバイオフィルムと言う汚れの膜を歯の表面に一切傷付けること無くキレイにする事が出来るのです!!


この先端がまたよく考えられていて効率よく汚れを落とせるようになっており患者さんも必要以上にお口を開ける事なくクリーニングを進めて行けるのです!!


パウダーにも特徴があり、



エアフロー3

アミノ酸で出来ているのでほんのり甘い…(@ ̄ρ ̄@)


従来は塩分を含むパウダーが多くしょっぱかったため、高血圧の人には使用できなかったのですがそこもクリアできるのです!!


また着色やプラークの硬さによっては別のタイプのパウダーを使用ししっかり落としていきます。



エアフロー4

矯正装置がついていても問題なく使用することができ、虫歯予防にとても効果的です(^_-)


クリーニング後は本来の歯の表面のツルツルを体感して頂けると思います


旭ヶ丘矯正歯科では今後も矯正治療中の虫歯予防に力を入れ、虫歯のない綺麗な歯並びを一緒に目指していきたいと思います(^_^)

↑TOP


2015/5/17
電動歯ブラシのおすすめ

竹山先生

こんにちは。


歯科医師の竹山尚子です。


新年度も始まり、新しい生活がスタートされた方も多いのではないでしょうか。


みなさん、新しい環境には慣れましたか?


今回はお忙しい方に人気の電動歯ブラシについて考えてみたいと思います。


この業界にいながらなかなか使う頻度が少ない私ですが、最近の電動歯ブラシの進化には目をみはるものがあります。


代表的なものをご紹介させて頂きます。


最初にご紹介するのが電動歯ブラシの王道ソニックケアー



ソニックケアー

電動歯ブラシ界の草分け的存在で昔から人気があります。


歯の表面の汚れはすごくよく落ちます。


舌でさわった感じのツルツル感が最高。


使い勝手の研究もよくされていて、改良に改良を重ねて使い心地もいいみたい。


ただ、替えブラシがとても高いイメージがあります。


使い続けるためには、ランニングコストの計算も必要ですよね。


本体価格は性能、種類によって幅があります。


1万円以内で買えるものもあれば、数万円もするものもあります。


あるドラッグストアでは、替えブラシは2本で2400円ぐらいでした。


次にブラウンのオーラルB



オーラルB

こちらは、テレビのCMでもおなじみですね。


こちらも進化し続けており、丸形の先の構造で扱いやすいようです。


歯ブラシの構造が特徴的ですよね。


こちらもいろんな種類があり値段もいろいろです。


安いものでは数千円からあり、高級なものは2万円ぐらいします。


替えブラシは、お手頃で4本で3400円ぐらい。


近所のお店にも売っているのが、手頃でいいかもしれません。


最後に、当院のイチ押しのPanasonic製のプリニアです。



プリニア

家電量販店にもおいてあるPanasonicのドルツと基本性能は同じになりますがGC(歯科を代表する専門メーカー)が更に改良をくわえた歯科医院だけで買える電動歯ブラシです。


振動数31000回/分の動きは、研究結果によると最もプラークが落ちる振動数なのだそうです。


ソニックケアーも同じ31000回転/分になります。


このプリニアのいいところは、先端が細いブラシ ワンタフトをオプションで装着することができ、矯正器具をつけている患者様や歯並びにがたがたがある方には頼りになる商品になりなます。


やはり、ワイヤーの下まで磨くには通常の形の歯ブラシでは当て方が難しいです。


通常オススメしているワンタフトと同じ形状で、さらに音波歯ブラシとなればより最強ですね。


本院では本体はワンタフトブラシもセットで10260円 替えブラシは2本で980円で販売しております。


さあ。皆様どの電動歯ブラシを使ってみましょうか?


どれを使うにも電動歯ブラシを使うにはコツがあります。


歯の表面に適切にあたっているかが重要ですよぉ・・・


ぜひ歯医者さんで電動歯ブラシの正しい使い方を習ってみませんか。

↑TOP


2015/5/8
今年の桜はホントに早かったですね〜

院長

院長の山崎です。


ブログの更新大変ご無沙汰しておりました。


旭ヶ丘矯正歯科の前の桜並木。


現在、満開を迎えております。


今年は春の到来も早く例年よりもだいぶ早く満開をむかえました。



桜並木1


桜並木2


桜並木3

八重桜の寿命はサクラの中でも短くて約60年だそうです。


旭ヶ丘矯正前の八重桜も寿命を迎え、植え替えをされたものも多く以前よりも少し寂しくなりました。


今は小さな木もたくましく育って10年後には以前のような立派な桜並木になるといいですね。


それまで私もがんばります(^O^)

↑TOP


2015/2/14
2015年もよろしくお願いします!

受付の山崎さん

こんにちは、受付の山崎です( ´ ▽ ` )ノ


な、なんと 今頃あけましておめでとうございます!


なんですね(>人<;)大変遅くなりました。


そして、お待たせ致しました。


今年もよろしくお願いいたします。


皆さんにとって、旭ヶ丘矯正歯科にとっても良い年になりますように、頑張りますo(^▽^)o


さて、昨年末に雑誌デビューした旭ヶ丘矯正歯科でありますが2015年もまた紹介して頂きました。



poroco1

porocoさん同様女性に優しいクリニックの特集です。



poroco

134ページ目に医院の紹介があります。


この度は二度目の撮影なので自然な笑顔を!と心掛けたのですが写真を撮りますよ、という状況の中自然に笑うということはとても難しいですね(・Д・)ノ


受付はクリニックの顔とよく言われますが皆さんが来院された時に最高の笑顔でお迎えできるようになりたいですね(^O^)/



poroco3

そして大注目は19ページ目にある当院の毅先生の趣味の紹介です。


ジャ、ジャーン、ザ・男の料理!


これがまたなかなかイケるんですょ。


やっぱり美味しいものをみんなでいただくとより美味しいですよね。


人を笑顔にできるから料理を作るのが楽しい!と、毅先生はいつも言っています。


その気持ちを旭ヶ丘矯正歯科で皆さんに振る舞いたいです(^_−)−☆

↑TOP